【バーチャルホームステージング】お部屋写真をキレイに撮る撮影位置の撮り方

皆さん、こんにちは。
今回はフォトステージングをご利用されるとき、お部屋写真をキレイに撮る撮影位置の撮り方をお伝えします!

特に撮影するお部屋(主にリビングダイニング)に凹凸がある場合は、今回の方法で撮影してみてくださいね。ちなみに今回は、リビングとダイニングのフォトステージングをして欲しいというご依頼を想定しています。

目次

凹凸のあるリビングダイニングの間取り例はこちら

キッチンに隣接したダイニングが凹凸になっています。

3D Floor plan(3D間取図)

ダイニングを撮る場合の撮影位置

赤色のカメラアイコンの①と②のポイントから撮ってみましょう。
ダイニングと窓側を見せたい場合は、ポイント①で撮ります。
そして、キッチンエリアも含めて撮りたい場合は、ポイント②で撮ります。

凹凸のあるお部屋の撮影位置-ダイニング編
ポイント①から撮ったダイニング画像
ポイント②から撮ったダイニング画像

リビングを撮る場合の撮影位置

緑色のカメラアイコンの①と②のポイントから撮ってみましょう。
大きな窓があり、室内に射した自然光をたくさん取り入れたい場合は、ポイント①から撮ることをオススメします。

また、隣にあるお部屋など室内の奥行きを見せたい場合でしたら、ポイント②から撮ってみましょう。

凹凸のあるお部屋の撮影位置-リビング編
ポイント①から撮ったリビング画像
ポイント②から撮ったリビング画像

リビングダイニングを1枚に収めて撮る場合の撮影位置

リビングダイニングを1枚の画像に収めて撮りたい場合は、床から130cm程の一番角から撮るようにしましょう。

この場合、ソファーをリビングとダイニングの真ん中に置きましたが、このような配置の場合、床から低すぎた位置で撮ると配置したソファーでその奥にあるテレビ周りが綺麗に映らないことがあります。ですので、高すぎず・低すぎずの床から130cmを意識して撮ってみてくださいね。

凹凸のあるお部屋の撮影位置-リビングダイニング編
リビングダイニングを1枚に収めて撮りたい場合

まとめ

今回は、お部屋写真をキレイに撮る撮影位置の撮り方をお伝えしました。

撮るときのポイントは、床から130cmを意識する!
そして、今回ご紹介したように異なる角度から撮ってみて、お部屋が一番よく映っている画像をフォトステージングに利用してみてください。

また、フォトステージングをご依頼の際は画像1枚だけでなく、複数枚を業者に渡して選んでもらうこともオススメします。

バーチャルホームステージングについて、「こんなことやりたいけど、どんな方法がある?」など、ご不明なことがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

お問合せはこちら

例:平日13時〜17時まで / 〇月〇日〇時など


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる